栽培した野菜だけですが、我が菜園で咲いた野菜の花の紹介です。

 

 

 

---楽天市場---

お届け先近くの加盟花店から、新鮮なお花をスピーディにお届けします。

 

 

 

 

 

 

 

 

葉ネギの花

よく見かける、ネギ坊主です。花が出来るまでを観察してみました。
ネギ属などは、雄性先熟と言って、雄しべが先に延びて花粉を付けてから、雌しべが後から伸びてきて受粉が可能になると言います。これは自家受粉を避ける仕組みだそうです。
ここでは、葉ネギの花を紹介します。

ネギ坊主

満開になった花の全体像です。
無数の花がかたまって、ひとつのネギ坊主となります。

 

たくさんの雄しべが出ています。中には雌しべも見えますが、ちょっと見えにくいですね。(ページの下のほうで詳しく解説しています。)
白く透明な膜のようなものが花被と呼ばれていて、6枚あるそうです。
いやゆる花弁と呼ばれています。

 

ネギの花の雄しべ

雄しべを拡大してみました。
3本の雄しべが先に花粉を付け、後から残りの3本の雄しべが出てきます

丸っこいのが後から出てきた雄しべです。
まだ雌しべは奧の方にあって見えません。

 

葉ねぎのネギ坊主

これは葉ねぎのネギ坊主です。
以下、ネギ坊主が成長する過程をみてください。

 

ねぎ坊主が根元あたりから出始めている様子です。

 

まだ薄い膜に覆われています。

 

1枚の薄い総包という膜に包まれていて、やがて上の方から破れて花が出始めます。

 

花は上から順番に咲いてきます。
最初の雄しべが出てきたところです。

 

花は上から順番に下の方に向かって咲いていきます。

雄しべが顔を出始めているところです。

 

チョット失礼して1つを摘んでみました。
雄しべが6本あって、その内3つは花粉を付けていて、残りはまだ付いていないようです。

 

雌しべが伸びているのがあったので花弁を少し開いてみました。真ん中に細長くて白いのが雌しべです。

 

ピンセットで開いてみたところです。
花弁が6枚あるのがわかり、真ん中の緑色のところから雌しべが出てくるところです。

 

細い雌しべが突き出ている様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページ栽培記録輪作計画育苗堆肥作り病害虫対策菜園被害菜園の虫野菜の花お問い合わせ 使用商品プロフィール サイトマップ
奮闘記スマホ用 → http://tama3plus.noor.jp/sp/