イラクサギンウワバの幼虫被害

サニーレタスに発生したイラクサギンウワバの幼虫です。
この幼虫はタマナギンウワバときわめて似ています。

イラクサギンウワバの幼虫は葉の裏に居ます。

 

サニーレタスの葉を外側からかじっているところです。

 

チンゲンサイでの食害の痕です。
芯を残して丸坊主になってしまいました。

 

対策

木酢液での定期散布をすればかなり駆除できます。但し、若齢幼虫の時だけ効果が期待できます。卵やこの様な成虫には効果はありません。
注意:サニーレタスの葉はクシャクシャしていて重なっているので、必ず葉の間や裏にも十分に液がかかるように散布します。特に葉の裏に若齢幼虫が潜んでいるので重点的に散布します。

 

素材:No.187

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページ栽培記録輪作計画育苗堆肥作り病害虫対策菜園被害菜園の虫野菜の花お問い合わせ 使用商品プロフィール サイトマップ
奮闘記スマホ用 → http://tama3plus.noor.jp/sp/

害中編