ハスモンヨトウの幼虫被害

ハスモンヨトウの卵は3〜6日後にはふ化して、緑色のアオムシの虫となり群生して葉を食害します。後に、縁色から灰色や黒褐色に変わり、散らばっていきます。

トウモロコシの葉の表からみると白く食害された痕が見られます。

 

葉の裏にはウジャウジャいると思いましたが、比較的に少ないようでしたね。
数えなかったのですが、40匹ぐらいあったと思われます。

 

拡大してみましたが、ハスモンヨトウの幼虫は、頭が黒く、体に黒い点があり、透き通った緑色の体をしています。(1,2齢幼虫の場合)

 

対策

トウモロコシの全部の葉の裏を目視するのは現実的には困難で、上のように食害されてしまった時はもう木酢エキスでは難しく、そっと葉を切り取って下に幼虫が落ちないように処分します。
なるべくこまめに葉の裏を重点的に散布することをお勧めします。

 

素材:No.133

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページ栽培記録輪作計画育苗堆肥作り病害虫対策菜園被害菜園の虫野菜の花お問い合わせ 使用商品プロフィール サイトマップ
奮闘記スマホ用 → http://tama3plus.noor.jp/sp/

害中編