モンシロチョウの幼虫被害

いわゆる、青虫です。モンシロチョウの幼虫のことですね。8,9月頃からモンシロチョウの飛来が目立ち、そこら中に卵を産み付けていきます。

小松菜を食害するモンシロチョウの幼虫で、葉の芯に沿って一休みしているところ。

 

ブロッコリーでの食害の痕です。
とにかく目立ちますね。

 

ラディッシュの葉を食べていますが、通常、体を真っ直ぐにして休むのですが、葉が小さいためかこの様な格好でいます。
でも、もう大きいので、そろそろ蛹になるころかもしれません。

 

卵は、2mm位で葉の裏ポツポツと産み付けます。
時には表にも、茎にも産み付けます。

 

対策

卵は、殆ど葉の裏にポツポツと産卵するので、成虫が飛来してきたときは葉の裏を見てください。2mm位の卵が産み付けられているのが分かります。
卵を粗い手袋などで簡単に落とせますが、数が多い場合、ふ化直後に直接幼虫に木酢エキスの200倍希釈を吹き付けると、だいたい退治できます。

 

素材:No.142

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページ栽培記録輪作計画育苗堆肥作り病害虫対策菜園被害菜園の虫野菜の花お問い合わせ 使用商品プロフィール サイトマップ
奮闘記スマホ用 → http://tama3plus.noor.jp/sp/

害中編