ナスの育苗

 

ナスの苗づくりは育苗箱で育苗します。
育苗箱での種まき手順は育苗コーナーの「育苗箱での苗作り」をクリック。
ここでは、種まきから見ていきましょう。

使用した種・品種:千両二号(アタリア農園) 生産地:タイ

1.種まきは、すじまきにします

種の間隔は1〜2cm間隔でいいのですが、株は数本しか使わないので約3cm間隔に種を40粒くらいを蒔き、ポットに10個位を育てそのうち一番勢いの良い株を定植しましょう。
育苗箱は、35型,3リットルの左半分を使い、右半分はピーマンの育苗です。

2.ケースに入れて暖かくしておく

透明のケースなどにに入れておき、寒さから逃れられるようします。
新聞紙で覆って水分の蒸発を防ぎ、芽が出るまでそのままにしておきます。

3.発芽したら新聞紙を取り除き、陽ざしを十分与える

40粒中4粒が発芽。
その一つが約3mmくらいです。

 

5時間後の状態

4.ポット上げ

腐葉土に培養土(肥料無し)を混ぜた用土をポットに用意します。
本葉が2枚でポットに移します。

ポット上げ直前


苗がまだ小さいので9cmポットが大きく見えますね。

 

ポットの底から水が出るくらい、何回かに分けて、たっぷり水を与えます。

5.苗の生長

本葉が4枚になっている様子です。

6.定植の準備

6枚目の本葉が出始めているところですので、そろそろ定植の準備をします。

 

教科書では本葉が8、9枚が良いと書かれていますが、上の写真の3日後で、何故かこれ以上生長しませんでしたが定植をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽天ショップ


ガーデニング
どっとコム

 

 

楽天ランキング売れ筋商品

 

樂天市場

トップページ栽培記録輪作計画育苗堆肥作り病害虫対策菜園被害菜園の虫野菜の花お問い合わせ 使用商品プロフィール サイトマップ
奮闘記スマホ用 → http://tama3plus.noor.jp/sp/

家庭菜園奮闘記・丈夫な苗作り