木酢液で病害虫防除をしよう!

私の病害虫対策用の木酢液の原液(木酢液の比較で「B」のカップ)です。ただし、病害虫防除に利用するので木酢液は殺虫剤、殺菌剤ではありません。
原液を水で薄めますが、その濃度や使い方によって様々な効果が得られます。
木酢液はいろいろな商品がありますが選び方が重要です。

 

木酢液の選び方

■ ワインレッド色で透明である。
■ pHが2.8〜3.2である。
■ 原料の樹種を明確に表示している。(広葉樹がいい)
■ 6ヶ月以上静置して、ろ過精製したもの。
■ ペンツビレンなどの発ガン性物質を分離除去したもの。
■ 沈殿物や濁ったもの、浮遊物のあるものは避ける。
■ 蒸留木酢液は農業用には向きません。
■ 酢のような刺激臭がするものはダメです。

---原材料---
( ウバメガシ/広葉樹100%・製炭窯:白炭窯 半年以上静置分離 )

その他にも条件はありますが、素人にはなかなか難しいので、最低でも以上のような条件を満たしていて、素性のはっきりしたものを選んでください。

 

木酢液の比較

BとCはワインレッド色で透明で良好です。Aは色が濃く透明ではありません。前年度に買った木酢液でした。Dは5倍に希釈した市販のもので良くありません。浮遊物がありました。Cは濃さの例として作り、実際とは異なります。 木酢液の比較 :クリックすると拡大します。

pH試験紙

この試験紙は、pHがまったく未知のものを、おおよその値を計るのに最適。
測定は変色した試験紙をカラー台紙(変色表)と比較し、1pH毎で判定します。

木酢液の原液・pH試験結果

Bの結果はpH2と3の間と思われる。Bは今回購入した左上の写真の木酢液です。
もっと正確に測定したい場合は0.2単位で識別できる試験紙が必要です。
カーソルを重ねると少し大きく見られます。

pHのはかり方

測定は変色した試験紙を出来るだけ早く変色表と比較します。上記の試験紙では、1pH単位毎なので、おおよそのpHしか測定できないですが初心者なので、この木酢液を信用して使用しましょう。
どうしても心配なら、発芽試験で確かめよう。
小皿にティッシュペーパーなどに数粒の種を置き、100倍、200倍、400倍、600倍、800倍、1000倍に個々に希釈した木酢液を散布して1週間ほどおいて発芽状態を観察します。
倍率によって発芽の状態が違います。全く同じ発芽状態や、発芽しないものは使えないでしょう。

 

「自然農薬のつくり方と使い方」農文協 84ページを参照

 

使い方

---濃度や使い方によって色々な効果をもたらします。---

倍率 使い方
原液 各素材を浸け込んでエキスを抽出し、
目的の効果の倍率に希釈して散布
0 〜100倍 原液を20倍に希釈して土壌散布すると
土壌消毒となり、その結果、病害に効果
200 〜300倍 作物の生育を抑制するので病気の予防や徒長防止になる実験では、400倍で芽は出るが抑制されている。
500 〜1000倍 作物の生育を促進するので定期的に葉面に散布する。
葉が厚く丈夫になる。
1000〜2000倍 15日くらいおきに、かん水の代わりに散布する。
根圏微生物が増え、根が良く張る。

 

詳しくは
「自然農薬のつくり方と使い方」農文協 をご覧ください。写真はすべてインターネットで購入した木酢液とpH試験紙です。それをデジカメで撮影したものです。

補足:200倍に希釈するとは? 
5mlの原液を200倍に希釈するには、5mlの原液に995mlの水を加えます。

 

その他、素材をつけ込んだ木酢エキス

 

ニンニク木酢エキス

唐辛子ニンニク木酢エキス

カルシウム木酢エキス

 

pH試験結果A
pH試験結果A
pH試験結果A
pH試験結果A

 

 

 

 

木酢液の専門店
「ならの木家」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページ栽培記録輪作計画育苗堆肥作り病害虫対策菜園被害菜園の虫野菜の花お問い合わせ 使用商品プロフィール サイトマップ
奮闘記スマホ用 → http://tama3plus.noor.jp/sp/

自然農薬における、家庭菜園での病害虫対策です。