家庭菜園
害虫対策に関する
Amazon.co.jpでの
ブックショッピング

 

 

 

 

アスパラガス 2012年・1年目の種まき〜育苗

種まき用の土作りと、プランターでの種まきから定植出来るように、冬越しの準備までの栽培を記録しています。

品種:シャワー(タキイ)  生産地:アメリカ

2012年3月21日 プランターでの種まき

育苗用に、培養土:8,腐葉土:2の割合と、ピートモスを少々追加してよく混ぜ合わせます。培養土にはバーク堆肥は多少は入っていますが、肥料は入っていないものを使います。腐葉土は「十万年腐葉土」という商品で木の葉や小枝の形は残っていなくて殆ど土化しているものです。培養土には多少のピートモスは入っていましたが、少し追加してみました。

混ぜた後、ふるいにかけて荒い土の塊をプランターの底に敷きつめます。残った土をメインに使います。
左の図にカーソルを当てると拡大します。

 

まき溝の間隔は8cmで2列にし、3cm間隔で種をまきます。


その後3回くらいに分けて水やりします。

1ヶ月かけて、ようやく発芽する。

やっと発芽しました。
約1ヶ月かかりましたね。どうなるかと思いましたが、一斉に数ミリ程度の芽が出てきました。
左の芽は6mmくらいで、
アスパラの「超ミニ」って感じですね。

2012年4月24日 発芽後、4日目

発芽4日後、葉のような物が出てきましたが実際は茎だそうです。

2012年4月28日 発芽後、8日目

8日後、爪楊枝の太さの半分もないので全然ピントが合わず、爪楊枝を横に並べて撮った結果ピントが合いましたがこの様な絵になってしまいました。
かえって大きさの比較にもなりましたけどね。
(後ほど、このカメラでピントを手動で行える事が分かったが)

2012年4月29日 発芽後、9日目

発芽9日後の様子ですが、全体を捉えるのが難しく、かえって逆光の方が良い絵が撮れました。

全体の様子。

苗の拡大

2012年5月13日 ポット上げ

いよいよポット上げです。下の絵は朝6時19分の時の様子です。アスパラガスの苗の写真は、昼間だとなかなか全体を捉えることが難しいので、朝日か夕日の当たる時が1番良く姿を写せるので、朝一に撮影しておきました。
全部で28株でした。少し小さいのもありますが全部ポット上げします。

 

10.5cmポット28個を用意し、腐葉土を17個分、培養土を11個分の用土をよく混ぜ合わせて、ポット半分くらいの土に苗を入れ、その後に土を被せていきます。

 

28株をすべてポット上げしました。

 

たっぷりの水を与え、来年の春までポットで育苗します。
以降、表面の土が乾いたら水やりを午前中に行い、冬は暖かい場所で育てましょう。

2012年5月24日 定植予定地に生ゴミ堆肥の基を埋める

生ゴミ堆肥作りで、2袋分(といっても1袋は半分くらいの量)を一様に、深さ20cmくらいの所にばらまき、米ぬかをまぶしてよく土と混ぜ合わせ、その上から土を被せておきました。

2012年7月2日 定植予定地の様子

右の予定地は、ヒマワリを数本、マリーゴールド・フレンチを何本か定植してこの様に大きく育っている様子です。
土がやせないようにこの後はマリーゴールド・アフリカンを定植します。

2012年7月10日 育苗の様子

だんだんと茂ってきましたね。
このまま夏が過ぎ冬になると自然に枯れてくるので、上の部分を切り取り、冬を越します。

2012年9月13日 マリーゴールドアフリカンを予定地に移植

ヒマワリを撤去し、マリーゴールドアフリカンを移植しました。
これは昨年咲いた花での種取りで今年生長した苗です。もちろん無料ですね。

2012年11月2日 苗が枯れ始める

そろそろ苗が全体に枯れ始めてきました。このまま冬を越し、春に芽生えてきたら概ね成功ですね。

撮影してたらカマキリが居たので撮っておきました。

おそらくコカマキリだと思いますが、あまり元気がないようですね。もう明日から立冬ですから。

2012年12月24日 枯れたのでハサミで地上部を切り取る

 

完全に枯れたのでハサミで地上部を切り取り、この状態で春まで芽が出るのを待ちます。
特に防寒対策はしません。

春の芽生えを期待しつつ、今年度の記録はここまでとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページ栽培記録輪作計画育苗堆肥作り病害虫対策菜園被害菜園の虫野菜の花お問い合わせ 使用商品プロフィール サイトマップ
奮闘記スマホ用 → http://tama3plus.noor.jp/sp/

家庭菜園奮闘記・栽培記録