家庭菜園
害虫対策に関する
Amazon.co.jpでの
ブックショッピング

 

 

 

 

小松菜(2011年)

品種は、「小松菜」とだけ。
トマトの最終収穫が遅れ、トマトの撤去と同時に石灰と堆肥を施し、時間の関係上、種まきも同時に行いました。

品種:小松菜(サカタのタネ) 生産地:ニュージーランド

2011年9月13日 苦土石灰・堆肥・種まき

苦土石灰:450g、バーク堆肥:3kg、鶏糞:100gを施し、よく耕します。
耕地の約半分に種を蒔きます。

種が重ならないように蒔きます。

 

30cm間隔の蒔き溝5列にすじ蒔きします。
薄く土をかけ、たっぷりの水を与えます。

2011年9月15日 発芽

2日後、もう発芽してきました。早や!
固まっているので直ぐ間引きします。

2011年9月16日 1回目の間引き

とにかく発芽が早く、あっという間に団子状態になっているところがあるので1回目の間引きをします。

間引き直前

 


間引き直後

2011年10月27日 2回目の間引きでの収穫

この種類は昨年の小松菜より少し葉肉が薄いようですが、非常に柔らかい感じがします。間引きと共に収穫できました。

ザルは30cmです。かなり虫穴だらけでしたが。m(>_<)m

 

ただ、今回は(今年)オンブバッタが非常に多く、ザルに置いても逃げることなくじっとしていたオンブバッタは、よく見ると左足が無く、左の触覚も半分しかありません。
痛々しく思いますが葉物野菜にとってはやはり害虫ですから。

2011年11月9日 通常の収穫始まる

かなりの虫食いはありますが、なかなかの出来映えでした。手前に小さく写っているのは10月4日に2度目の種をまいて育った苗です。

30cmのザルが小さく見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページ栽培記録輪作計画育苗堆肥作り病害虫対策菜園被害菜園の虫野菜の花お問い合わせ 使用商品プロフィール サイトマップ
奮闘記スマホ用 → http://tama3plus.noor.jp/sp/

家庭菜園奮闘記・栽培記録