家庭菜園
害虫対策に関する
Amazon.co.jpでの
ブックショッピング

 

 

 

 

ミョウガ (2014年度)

やっと3年目に入りました。今年はもっと多くの芽が出るよう期待しましょう。

品種:陣田早生(蜷採種研究会)  生産地:茨城県

2014年4月23日 3年目の新芽が出てきました。

ちょっと芽が出るのが遅いようでしたが、今年は一斉に新芽がでてきましたよ。年々、根が周りに広がっているようですね。このままだと10年もすればこの場所はミョウガ畑になるでしょう。

初めて1ヶ所から同時に2つの芽が出てきました。

撮影するため雑草を取り除いています。

2014年5月9日 次第に生長始める

初年度よりも芽の数が目に見えて多くなっています。後、数年もすればここは立派なミョウガ畑になるかも。

2014年6月14日 もうすぐ茗荷かな。

そろそろ、収穫の時期がやってきました。
この後、周りの雑草を取り除き、芽が出るのを待ちます。
ただし、猫がこの柔らかい土を好んでやって来るのが欠点。

2014年7月1日 花茎か!

1つだけ。花茎?でも、ちょっと細くて真っ白で茗荷らしくありませんね。

 

反対側から見た様子。

2014年7月6日 初収穫

かなり小さいですが、収穫してみました。茗荷の収穫のタイミングがいまいち分かりません。チョット油断すると花が咲いてしまいます。

非常に小さいのが3つ採れました。

2014年7月24日 収穫の様子

3つ収穫。
青シソ、葉ねぎ(細葉ねぎ)と一緒に収穫。
ネギは昨年の秋に種を蒔いたのが夏になって収穫できたもの。シソはこぼれた種から育ったもの。

2014年8月21日 全体の様子

八月半ば過ぎるとこの様に雑草だらけになります。
9月頃にはもう一度(2,3個ですけどね)採れそうですね。

この後、収穫できれば今年もこのままの状態でにして、冬を越しましょう。
年を重ねるたび茎が増えてきますね。10年も経てば此のあたりはミョウガだらけになるでしょうね。
では記録はここまでとします。 ---おしまい。---

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページ栽培記録輪作計画育苗堆肥作り病害虫対策菜園被害菜園の虫野菜の花お問い合わせ 使用商品プロフィール サイトマップ
奮闘記スマホ用 → http://tama3plus.noor.jp/sp/

家庭菜園奮闘記・栽培記録