家庭菜園
害虫対策に関する
Amazon.co.jpでの
ブックショッピング

 

 

 

 

 

ニラ(2011年)・トマトとの混作用

プランターに直接種を蒔きます。
このニラは、翌年のトマトとのコンパニオンプランツとして栽培し、食用にはしません。
プランター1個を使っての育苗記録です。

品種:大葉にら(アタリヤ農園) 生産地:チリ

2011年4月17日 用土作り

黒土7リッター培養土を少々苦土石灰30gを入れ、よくかき混ぜておく。
黒土だけだと粒子が細かいので、ピートモスと火山系レキが含まれている培養土を追加しました。

 

 

2011年4月24日 堆肥のすき込み

作っておいた用土に腐葉土を少々と、バーク堆肥3リッターを混ぜ込む。

 

 

2011年4月30日 種まき

プランターの底は赤玉土(大粒)の代わりにプランター付属の底敷きを使い、その上から作った用土を入れます。
種は2列の筋まきにし、軽く土をかけます。

種は上の絵のように重ならないように蒔きます。
込み入ってしまった所は早めに間引きします。

 

たっぷりの水を与えます。

2011年5月9日 発芽の様子

10日目に発芽しました。翌日には、ヒョロヒョロと種の皮付きで伸びてきます。

 

発芽

 

 

 

翌日の様子

2011年5月21日 発芽、その後の生長

種同士がくっついて蒔いているので、どうしてもこの様に束になって生えてきます。
この後、間引きしていきましょう。

2011年7月15日 生長するが、あまり大きくはならない。

用土が良くないのか、大きく育ちません。
根は、間引きする時ちぎれるくらい奥深く張ってはいるようですが?
むずかしいな。
この日、バーク堆肥を追肥して、その上から培養土をかけておきます。
その前に水を底から溢れるくらいたっぷりと与えておきます。

2011年8月5日 ようやく大きく生長してきた!

7月後半になると、ようやく大きくなり始めてきました。
本来はこのあともう少し大きくなれば定植するのですが、このままにしておけば、秋になって枯れて根だけが残り、そのまま冬を越します。
うまくいくか!

2012年2月27日 無事に冬を越して、芽吹いてきました。

全部枯れることなく少し青葉を残して冬を越しましたが、無事に新芽が出てきました。
根が良く張っていると良いのですが。

2012年5月30日 トマトと一緒に定植するまでに生長。

トマトの定植時期になると立派なニラに生長しました。もうトマトを定植する準備が出来ています。後ろの支柱がそうです。
根の様子はトマトの栽培記録をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページ栽培記録輪作計画育苗堆肥作り病害虫対策菜園被害菜園の虫野菜の花お問い合わせ 使用商品プロフィール サイトマップ
奮闘記スマホ用 → http://tama3plus.noor.jp/sp/

家庭菜園奮闘記・栽培記録