木酢液の発芽試験

この菜園で使っている木酢液の発芽試験です。紙コップを11個、1つは水を、希釈倍率を変えて2種類の木酢液をテストしてみました。

準備

コップ:11個(容量100ml)
天然綿:カット綿
種  :小松菜
コップの中はクシャクシャにした紙です。綿の台にしています。

実験

左から原液を、1,000倍、800倍、400倍、200倍、100倍に希釈した液を綿に染み込ませ、種を浸しておく。(4月13日)

(A)上の段のコップは、この菜園で使用している木酢液です。
(B)下の段のコップの木酢液は近くのホームセンターで買ってきた5倍希釈という木酢液です。
(水)下の一個は水です。

結果

1週間後の4月21日、AとBの希釈倍率に差が現れました。

 

(A)100倍、200倍では芽がでません。400倍では少し芽が出ていますので、この木酢液は400倍以上で発芽促進効果の濃度ということです。
800倍、1000倍で芽が出ました。
(B)各希釈に関わらず芽がでています。この液は酢酸を添加しているで使えません。
(水)水には当然、芽が出ています。
1,000倍でも芽が出ない木酢液があるので、注意しましょう。

 

グループA   グループB

100倍

 


全く発芽しません。

 

 


普通に発芽してきました

     

200倍

 


全く発芽しません。

 


普通に発芽しています

     

400倍

 


いくつか発芽しています

 


殆ど発芽しています

     

800倍

 


殆ど発芽してきました

 


普通に発芽しました

     

1000倍

 


殆ど発芽しました

 

普通に発芽していますね

     

 


当然、普通に発芽します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページ栽培記録輪作計画育苗堆肥作り病害虫対策菜園被害菜園の虫野菜の花お問い合わせ 使用商品プロフィール サイトマップ
奮闘記スマホ用 → http://tama3plus.noor.jp/sp/

自然農薬における、家庭菜園での病害虫対策です。