家庭菜園
害虫対策に関する
Amazon.co.jpでの
ブックショッピング

 

 

 

 

 

いちご(2012年)1年目・プランター栽培

1年目は収穫しないで、秋に子株を定植し、2年目の春から収穫します。ここで紹介するのは、いちごの栽培過程で、栽培方法ではなく、どのように変化していくかを記録したものです。
初年度は、秋のランナーの切り離しと子株の定植の様子です。

品種:宝交早生・ほうこうわせ

2012年3月10日 ホームセンターで苗を購入

ホームセンターでイチゴの苗を買ってきました。色々な種類がありますが、198円の安い苗を1つだけ。「作りやすさ1番」と書いているのでこれにしました。初めてですからね。

2012年3月21日 鉢に移植

イチゴはこの後、夏にはランナーが出て子株が出来き、9月頃にその子株を定植するので、この様に臨時の鉢に植えておきます。
用土は特別な物ではなく、余った土を利用しています。

移植した
様子

少し葉がまるまってしまいますが、すぐに元に戻ります。

2012年5月1日 花が咲く

イチゴの花、実が成る前に必ず見られますね。

この種は白い花びらですね。

2012年5月8日 実が成り始める

この時期になると、そろそろ実が出来始めます。

まもなくイチゴですが、本格的な収穫は来年の春ですね。

2012年5月16日 次々に実が成る

花が次々に咲き、実がたくさん付いてきました。

イチゴですね。

2012年5月31日 初イチゴだ。

真っ赤なイチゴができました。1年目はまだ収穫しないのですが,赤くなったので食べてみました。見た目はよくありませんが、非常に甘くて美味しい!

宝交早生の出来上がり。

2012年7月9日 ランナーが出る

ランナーが1本伸びてきました。

最初のランナーだ。

しかし、葉は虫食いだらけ。おそらくオンブバッタだろう。

2012年7月17日 ランナーがいっぱい

この時期になると次々にランナーが伸びてきます。適当な鉢で受け止めて、根が付きやすいように棒で押さえておきます。大きめのポットでも良いかも。

箸で動かないようにする。

2012年9月14日 子株を切り離し、定植する。

ランナーの2番目以降で、根がしっかり張った子株を切り取ってプランターに定植します。
ただ、1つの苗から4,5本のランナーが出てくるので受けとめるのがたいへんです。1本に5個くらいの子株ができるので、5本のランナーだと25個も出来ます。未熟で小さな子株もあるので、大きな株を選んで定植します。

矢印の所の子株

プランターを2個用意し、底に赤玉土の「大」を敷きつめます。付属の底板網は使いません。用土は「花と野菜の土」という商品です。

底に赤玉土大を敷く。

ランナーを切り離した様子。

ランナーと根の様子

イチゴは親苗の反対側に実を付けるので、親苗側のランナーをプランターの奥になるよう揃えて植え付けします。

クラウンと呼ばれ、成長点となる新芽の部分が少し隠れる程度に植え付けます。

 

矢印の鉢

もったいないので、余った子株を適当な鉢に植え付けておきました。

2012年10月6日 定植、その後

しっかり根が張っていますが、おおきさに差がありますね。

矢印の所

 

余った株も順調に育っています。

この余りの株が2年後、本命のプランターと共に、もの凄いことになってしまうんです。

2012年12月31日 大晦日、イチゴの様子

今年も終わりです。葉が赤くなっているのは切り取ってしまいましょう。

左側のプランター

 

右側のプランター





雑草が生えていますが、取り除いておきましょう。

 

来年の4月には花が咲き始め、5月には収穫出来るので、このままにして年を越しましょう。葉がしなったら少し水を与えておきます。来年をお楽しみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページ栽培記録輪作計画育苗堆肥作り病害虫対策菜園被害菜園の虫野菜の花お問い合わせ 使用商品プロフィール サイトマップ
奮闘記スマホ用 → http://tama3plus.noor.jp/sp/

家庭菜園奮闘記・栽培記録