トウガラシの育苗

トウガラシはプランターで栽培します。輪作や露地栽培には組み込んでいないため、ポットで育苗しプランターに定植します。
翌年のトウガラシ木酢エキスの材料として「鷹の爪」を栽培します。プランターは650型を使い、2株だけとします。
ポットは3号(9cm)です。

使用した種・とうがらし 品種:鷹の爪(サカタのタネ) 生産地:タイ

1.ポットに種をまく

ポットに5粒ほど種が隠れる程度にかぶせます。
白く見えるのが種です。
ピーマンの種とそっくりですね。
この上から少し土をかぶせていきます。

2.充分に水を与える

数回に分けて水を十分与えます。
ポットは7個用意し、そのなかで生育の良さそうな苗を2株だけ選びます。

3.発芽したら新聞紙を取り除く

発芽したら新聞紙を取り除き、夕方に水やりします。

4.双葉

22日目の双葉の様子ですが、なかなか本葉が出てきません。やはり気温が低いのでしょうか。
家庭では、温室のような施設は無理なので苗は小さく育ちます。

5.間引き

本葉が出始めたら間引きをしますが、苗の生長にムラがあるため本葉が少し大きくなってから行います。

 

矢印の苗を残します。
大きくなっているので根を傷めないよう間引きします。

 

 

間引き後

6.定植直前の苗

不本意ながら、この小ささでプランターに移植します。移植時の気温(昼間)は約20℃以上ありました。
種袋の説明によると、
発芽適温(地温)25〜30℃、
生育適温が20〜30℃というので、やはり八王子では気温が低すぎるためか本葉が出てから1ヶ月たってもこの大きさでした。
温室で苗を育てるしかないかあ?

プランターでの鷹の爪の成長記録はこちらからどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽天ショップ


ガーデニング
どっとコム

 

 

楽天ランキング売れ筋商品

 

樂天市場

トップページ栽培記録輪作計画育苗堆肥作り病害虫対策菜園被害菜園の虫野菜の花お問い合わせ 使用商品プロフィール サイトマップ
奮闘記スマホ用 → http://tama3plus.noor.jp/sp/

家庭菜園奮闘記・丈夫な苗作り